あまりに漠然とした「お任せ」

あまりに漠然とした「お任せ」

美容師の皆さんは「お任せ」と言うと、自分のセンスを発揮するチャンスだ、と思って、自分の得意なヘアスタイルを作ってくれる、という話もありますが、実際の所はたとえお任せであっても方向性ぐらいは決めておいてもらいたい、というのが本音の様です。お任せするからには、その結果に対して本当ならお客さんは文句を言わないのが前提だと思うんですね。ですがどんなに「お任せしよう」と心に決めていたとしても、実際に仕上がったスタイルを見た時には必ずと言ってよいほどそのスタイルを「気に入る」か「気に入らない」か、というどちらかの結果になるものですよね。その時に「お任せしたんだから」と納得するお客さんもいれば「こんなはずじゃなかった」と言い出すお客さんもいるようです。美容師にとっては本音は「お任せするって言ったでしょう?」という事になって当然です。ですから「お任せする」と言う時にはせめて「これは嫌だ」とか「この範囲内で」という自分の許容範囲ぐらいは伝えておくのが良いでしょう。どんなに美容師が自信を持って作ったスタイルであっても、それがお客さんにとってのベストであるかどうかは、別問題なんですね。美容師なら何でも分かっているはずでしょう?というのはちょっと無理な話ですよね。美容師にとっては、お客さんの髪の毛をカットしたりパーマをあてたりして、お客さんにキレイになってもらう事はとてもやりがいがあり楽しいものだと思います。そしてそれと同時に美容師にとっては「お客様とのふれあい」というのも美容師の醍醐味としてあるはずです。お客さんとの会話が楽しくて、この仕事のやりがいを感じている、という美容師も多いものです。ですから美容師にとっても会話の弾むお客さんとの時間は楽しいものとなる事が多いようですね。ですが少し困った事も起こるようで、話がはずんでくると、やたらと首を動かす癖のあるお客さんがいる様なんですね。確かに普段の会話だと、肯定する時には首を縦に動かしてうなずいたり、否定する時には首を左右に振ったりしますよね。それは普段の会話なら全く問題のない動きなのですが、カットしている最中の美容師との会話の最中であると、美容師はちょっと困ってしまう様です。私達はあまり意識していないかもしれませんが、時々美容師さんが首の位置を固定するようなしぐさをする事がありませんか?おそらく私達は会話の最中に首を動かしてしまって 美容師さんの動作の邪魔をしているのかもしれません。会話が楽しいのは良い事ですが、首は動かさない様に少し意識した方がよさそうですね。三軒茶屋 美容室