クリームチークを使って旬顔になろう

クリームチークを使って旬顔になろう

クリームチークは色々なチークの種類の中でもしっとりした質感で乾燥しづらい事や自然な発色でツヤが出る、持ちが良いなどの特徴があるチークです。クリームチークは乾燥肌の方やナチュラルメイクをしたい方、ツヤ感メイクをしたい方にお勧めです。チークを選ぶ時には自分のお肌のベースカラーにあった色を選ぶと失敗が少ないです。お肌はイエローベース(黄色味を帯びた温かみのある肌の色)とブルーベース(青色味を帯びた涼しげなお肌の色)に分かれます。イエローベースの方は似合う色がゴールド、肌の色は色黒で日焼けをしてしまった後のお肌の色は小麦色になり、手の平の色は黄色やオレンジっぽい、唇の色はピーチやサーモン色の方です。ブルーベースの方は似合う色がシルバー、肌の色は色白で日焼けをしてしまった後のお肌の色は赤くなり、手のひらの色は青色や赤紫っぽく、唇の色はローズや桜色の方です。ここから自分のベースカラーがわかりますね。イエローベースの方は暖色系のチークの色が似合います。コーラルピンクやサーモンピンク、オレンジレッドなどです。ブルーベースの方は青みのある寒色系が似合うのでスモーキーピンクやローズピンク、ピンクベージュのチークが似合います。自分のお肌の色にあっているチークを選ばないと顔色がくすんで見えてしまう、派手に見えてしまったりもするので気を付けましょう。クリームチークは指で簡単にぼかせるので流行りの血色感メイクにも使いやすいです。クリームチークを取り入れてみてはいかがでしょうか。日本人でコーヒーを一日に3杯以上飲む人は脳腫瘍を発症するリスクが低いそうなのです。一日にコーヒーを3杯以上飲む人は1杯未満の人に比べて脳腫瘍の発症リスクが53%低いという結果が出ました。コーヒーに含まれるクロロゲン酸やトリゴネンという成分には抗酸化作用などの働きがあり発症を抑えてくれるのだそうです。他にもコーヒーを一日に3杯から4杯程度飲む方は狭心症や心筋梗塞などの心臓病を患う危険性がコーヒーを飲まない人に比べて低い事もわかりました。先ほど書いたコーヒーに含まれるクロロゲン酸による血圧上昇効果やカフェインの血管収縮作用が有効に働いてくれて血液の流れが改善される為だそうです。ですがいくら健康にいいからと言ってコーヒーの飲みすぎにも気を付けましょう。一日の中で摂取して良いカフェイン量は400mg以下といわれていて、この量はコーヒー3杯から4杯程度の量です。一日にコーヒーを5杯以上飲んでしまうとカフェイン中毒に陥ってしまうリスクがあります。カフェイン中毒というのはカフェインを多く含むコーヒーを飲むと気分が落ち着き、しばらくコーヒーを飲まないと頭痛や吐き気といった禁断症状が出てしまうというものです。そうならない為にも飲みすぎにはくれぐれも気を付けましょう。コーヒーは飲みすぎてしまうと他にも胃や肝臓に負担をかけてしまったり、肌荒れが起こってしまったり、寿命が短くなるともいわれています。何事も適切な量が一番ですね。理容室 行徳駅 シェービング 顔そり メンズ おすすめ 口コミ