ガラス張りの中のお客さん

ガラス張りの中のお客さん

美容室の店内をガラス張りにする、という事を意識するのは、スタッフ、その前を通る人々、の他に、店内のお客さんがいます。店内にいるお客さんはその美容室がガラス張りになっている事をどのように感じるでしょうか?美容室にとっては店内の様子をさらけ出す事で多くのメリットがあるかもしれません。お客さんが入っている事をアピールしたり、スタッフが溌剌と働いている様子を見せて良い印象を与えたり、という事です。では店内にいるお客さんには何かメリットがあるでしょうか?もしあるとしたら店内に自然光が多く取り込まれているので、とても明るい店内となっている事でしょうか。逆に自分がそのガラス張りの美容室で、施術を受けている、と想像した時に、どんな気持ちになるでしょうか。人によってはその外から丸見え、になっている状況を心地よく思わないお客さんもいるのではないでしょうか。お客さんにとってはスタッフ同様その様子を「見られている」側になってしまうわけです。スタッフには見られている事により緊張感が生まれるので結果的には美容室のメリットとなり得ますが、お客さんにとっては自分が施術されている様を見せる事は、何のメリットも有りませんし、むしろ恥ずかしい気持ちになってしまうだけかもしれません。ガラス張りの美容室の店内でカットされたりパーマをされているお客さんの中には、外から見られているかもしれない、という状況を恥ずかしくて居心地が悪い、と思う人もいるはずです。そういった事を考えると、美容室内の全部の席がガラスの近くで外から見える感じになっているのは好ましくありませんよね。もしも壁面がガラス張りの美容室にするのであれば、お客さんにはどの席に座りたいか、という事を聞いた方が良いかもしれませんね。中には外から見られるとしても、全くの他人に見られるだけだから何とも思わない、という人もいるかもしれませんし、逆に明るいから外が見えるガラスの傍の席が良い、というお客さんもいるかもしれません。でも一人のお客さんでも不快な思いをさせる事は、美容室の評判に関わるはずです。どんなお客さんであっても心地よく過ごしてもらって満足して帰ってもらう事が美容室にとっては大切だと思うんですね。そのためには、ガラス張りであることを好ましく思わないお客さんがいる事も、きちんと意識しておかなくてはいけないと思いますね。外から丸見えの席でずっと緊張してしまっていた、となると、そのお客さんはもう二度とその美容室には行きたくない、と思ってしまう可能性もありますからね。美容室 菊川 美容院 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ