本当にその方が良いと思っているのか

本当にその方が良いと思っているのか

美容師から、予定していなかったメニュー、しかも高額なメニューを勧められた時に、少し冷静になってみると「本当にその方が良いと思ってくれているのだろうか?」という疑問がわいてきた事はありませんか?つまりその美容師は、単純に高い単価で売り上げを上げたくて、パーマやカラーを勧めてくるのではないか、と感じる時です。もしもそれが本当に、自分の髪の悩みに対して真剣に向き合ってくれていて、やはりパーマをかけた方が良い、と言ってくれているのであれば、たとえ今回は無理でも次回には美容師さんの言う通りにしてみようかな、という気持ちにもなるでしょう。ですが明らかに売上高を目的としたトークだと感じた場合には、その美容師さんに対する不信感しか残らなくなってしまいます。自分が予定していなかったメニューを勧められても、「今回は結構です」と一言言うと、それで引き下がってくれる美容師なら信頼できるでしょう。お客さんから「今日は持ち合わせがない」とまで言わせてしまう美容師と言うのは、どうかと思われます。その美容師が本心からお客さんに良かれと思って薦めているのであれば、もっと長期的な見通しで相談に乗ってくれるはずです。今後パーマをかける為に、とりあえず今日の施術はこうしておきましょう、というような提案ができるはずなんですね。自分が予定していないメニューを勧める美容師には、なんとなく心から自分のことを思ってくれているのではなく、自分の売り上げを気にしているのでは、と勘繰ってしまうケースも有ると思うのですが、実際には美容師も辛い立場にある、という事も知っておく方が良いかもしれません。美容師の世界が厳しい、と言われているのは、お店で雇われているにもかかわらず、その内情は美容師同士の競争だったりもするわけです。美容室全体の売り上げを上げるためには、個人が頑張るしかないのですが、目標達成のためにノルマが課せられている美容室も少なくありません。指名をもらうだけでも必死なのに、そのうえ売り上げにまでノルマがあったとしたら、単価を上げるしか手がありません。ですから美容師はもちろんお客さんの事を蔑にするつもりはないのでしょうけれども、ついつい少しでも単価の高いメニューを使ってほしい、と心のどこかで思っているのも仕方のない事なのかもしれません。ですがそれをやみくもにどのお客さんにでも迫ってしまう様では、既に美容師として失格ですよね。このお客さんならこのスタイルが似合うし、少し話せば応じてくれるかもしれない、というような算段がなければ、しつこくパーマやカラーを勧めるべきではないですよね。そういう下心はお客さんにすぐに見破られてしまうでしょう。小倉 美容室