まつ毛エクステで起こるトラブルについて

まつ毛エクステで起こるトラブルについて

まつ毛エクステは個人で行うこともできる方法です。専用のキットも販売されていて、器用な人は実際に自分で行っていると思います。でもエクステを使うときには注意しないといけないことがあります。それは目のトラブルです。エクステはまつ毛1本1本に装着していくため、繊細な作業が必要になります。トラブルも多く、接着で使用するグルーが肌に合わずにアレルギー反応を起こしてしまう人、まぶたの腫れや炎症といったトラブルを抱えてしまう人はたくさんいます。特にエクステが目に入ってしまうというトラブルが多く、目を傷つけてしまう可能性も。目を傷つけてしまうミスはサロンでも起きるトラブルで実際に被害を訴えている人がたくさんいます。まつ毛エクステを施術するためには美容師免許が必要となりますが、中には無免許で行っているというサロンも少なからずあるようで選ぶときには注意が必要となります。まぶたは皮とても薄く、引っ張ってるとたるんでしまうこともあります。皮膚が伸びてたるんでしまうと病院での手術も必要になりますので、あまり時間をかけてやるのはお勧めできません。自分でエクステを付ける作業がつらいときにはちゃんとしたプロに任せるようにしてください。これらの問題はまつ毛エクステだけでなくつけまつげを使うときにも起こる可能性がある問題です。まつ毛エクステやつけまつげを使うときにはどんなことに注意して行えばいいのか、理解を深めてから試すようにしてくださいね。まつ毛エクステは定期的にメンテナンスをする必要があります。まつ毛エクステは大体2週間、長いときには1か月程度装着していることができますが、油断はできません。まつ毛は毛髪と同じように日々抜け落ちているからです。まつ毛が抜けてしまうとエクステも落ちてしまいます。そのためサロンで仕上げてもらった状態は早ければ次の日にも崩れてしまうこともあるわけです。せっかくお金を払ってエクステを付けてもらったわけだからできる限り長持ちしてもらいたいものですよね。まつ毛エクステを長持ちさせる方法を考えてみましょう。エクステが落ちてしまう一番の理由は目元を擦ってしまうことです。疲れている、目がかゆい、スキンケアのときにアイメイクを落としたいといったときが注意です。特にスキンケアはクレンジングと洗顔に注意しましょう。クレンジングを使うときにはオイルタイプを避けてジェルや泡タイプのものを使うといいですよ。またエクステは水に長く浸かっていると取れやすくなります。雨が降ったときは濡れないように注意しましょう。プールや銭湯が好きな人も目元が濡れないように注意したほうがいいですよ。まつ毛は日々伸びては抜けています。時間が経つとまつ毛どうしが絡まってしまうこともあり、それが原因で抜けてしまうこともあります。まつ毛は丁寧に梳かして整えていくようにすると長持ちします。毎日まつ毛の状態をチェックしてメンテナンスが必要かどうかも調べていってください。鶴瀬にある美容室