何本持っているか

何本持っているか

美容師はだいたい何本ぐらいハサミを持っているのでしょうか、仕事中にシザーケースに入ってるだけでも数本はあるような気がしますよね。さすがに一種類につき一本しか持っていない、という美容師はいないと思います。なぜならハサミだって何が起こって使えなくなるか解らないからです。刃物、という性質上何らかの力がかかって刃がかけてしまうような事も無いとは限りません。もしも仕事中にそのような事が起こったり、開店前にハサミの調子が悪い事に気が付いたりしたらその日の仕事は大変な事になります。私達だって工作用のハサミのキレ味が悪くなったらなんだか仕事の効率が悪くなりますし、仕事の出来栄えにも響きますよね。美容師ならなおさらです。切れ味が悪かったり一部が欠けたようなハサミを使ってお客様の髪を切るなどもってのほかですよね。万が一お客さんに痛みを感じさせたり傷つけたりするような事があっては大変です。ですからどんな時でも調子の良いハサミを取り出せるように、必ず予備のハサミを整えた状態で持っているものだと思われます。そして実際にはハサミと一口に言っても、一種類だけではないようです。ですから数種類のハサミを予備も含めて数本ずつもっている、となると合わせて6〜7丁 ぐらいは持っているのかもしれませんね。一般的に美容師が使っているハサミの中で一番主流なのは5万から10万円前後のもののようです。ハサミといえば刃物ですからメンテナンスも大切なはずですよね。料理人のひとなら包丁をまめに研いで手入れをしている事と思いますが、美容師も同じでしょう。多くの美容師は年に数回きちんと研いでいるようですが、その費用も3000円程度かかるようですね。つまりメンテナンスで一年に数万円かかっている美容師もいる、という事ですよね。どんなに値段が高くて良いハサミ、と言われるものを使っていたとしても、メンテナンスがきちんとされていなければ切れ味は悪くなってしまう物でしょう。美容師のハサミというのは買って持っていればよい、というものではなく、日頃の手入れも必要な事でしょう。どんな職業でも同じですが、やはり自分の仕事道具は大切に使うのがプロの姿勢というものでしょう。自分のハサミが安いものであろうと高いものであろうと大拙に愛着を持って使っている美容師と言うのは、おそらく仕事ぶりもよいでしょうし実際に腕が良い美容師だと思って間違いないでしょう。もっとも何十万円もするハサミならば大切にしたくなるのは当然かもしれませんけどもね。研いでくれる人にもテクニックの差があるかもしれません。門前仲町 美容院