何が原因で広がるのか

何が原因で広がるのか

湿度の高い日に髪の毛が広がりやすくなるのって、どうしてだと思いますか?なんとなく髪の毛がぼわっとしてしまうので、普通に考えたら湿度が高い、というのはそれだけ髪の毛が濡れた様な状態になるのではないか、と想像できますよね。そうなると極端に言えばシャンプーなどをして濡れた髪の毛の状態と言うのは、そんなに広がりやすいものではないですよね。髪の広がりを押さえようと思うならば、一度水分を与えて湿らせたりするぐらいですからね。それなのにどうして湿度が高いと髪は広がったりうねったりするのでしょうか。そう考えると単純に「湿気がある状態が良くない」と言う事ではなさそうですよね。梅雨時期の髪の広がりやうねりを解決しようと思うならば、その原因をしっかりと勉強しなくてはいけませんよね。そして正しい対策をする事で、梅雨時期の憂鬱な髪の広がりを抑える事が出来るでしょう。すくなくとも湿度自体が髪の毛に悪いわけではなさそうです。そうなると考えられるのは、髪の毛そのものに原因があるのではないか、という事です。確かに考えてみると、梅雨時期の髪の広がりで悩む人、というのは全員ではありません。どういう人が広がりやすかったりうねりやすかったりするのでしょうか。それが分かれば解決策も解るかもしれませんよね。おそらく美容室に男性客が行くようになったのは、男性たちの自発的な行動ではなくて、世の中のトレンドが後押しした結果だと考えられます。メディアや雑誌などで男性も美容室に行くべし!と言われたら、そうすることがモテる男の第一歩、という思いが根付いてきますよね。「男性が美容室に行っても恥ずかしくは無い」という風潮が作られると、思い切って美容室へ行く男性たちが徐々に現れてきたのでしょう。ですがその当初はまだまだ美容室と言う場所は女性限定の場所でした。ですからその様なところに男性客が一人で入るなんてことは、男性客にとってはあまりにも敷居が高い事だったに違いありません。そしてたとえ美容室に入ったとしても、女性客の視線が気になってヘアスタイルどころではない、というのが実情だったのではないでしょうか。つまり男性客はやはり「場違いな感じ」「女性客の視線が痛い」という場所だと思っていたに違いありません。そして女性の方も決して男性に対してウエルカムではなかったと思われます。それは美容室に男性がいるのが迷惑だ、というよりは「男性なのに美容室に来るってどうなの?」という視線だったのではないでしょうか。男性と言えば床屋ですっきりカットするのが当たり前で、やたらヘアスタイルを気にしてパーマなどをあてる男性に対しては、そんなに好感を持っていなかったと思われます。美容室 相模大野 トリートメント カット 白髪染め 当日予約 クーポン おすすめ