お喋りは好きでも美容師は苦手

お喋りは好きでも美容師は苦手

美容室に来るお客さんがみんな美容師との会話が嫌だ、と言っている訳ではありません。逆に美容師との会話が楽しみだ、と言う人もいます。そういうケースでは美容師の話のリードが上手い、と言う事もあるかもしれませんが、そもそもそのお客さんが他人と会話をする事が嫌ではない、むしろ好きなのだ、という性格の人が多いでしょう。ですから美容師が上手く話題を振ったり話を聞いてあげる事で其のお客さんも楽しく話をする事が出来るので、そのお客さんにとっては「美容師との会話が楽しい」と言う事になります。ですがそういう性格の人、というのはお客さん全体の人数に対する割合としては、そんなに高くは無いと思うんですね。人と会話をする事が楽しくて仕方がない、と言う人はむしろごく一部です。ぎゃくに極端に人との会話はとても苦手、と言う人もそんなに多くは無いと思います。ですからごく一般的な人達と言うのは常識の範囲内で他人に失礼が無い程度の会話をする事は出来るけれども、必要以上の会話はしない、というのが普通だと思うのです。そういう人でも親しい人とのおしゃべりは楽しめるものですよね。それでも「美容師との会話は好きではない」と言う人がいるものです。なぜ美容師との会話になるとあまり楽しめないのでしょうか。美容室に来るお客さんの中で「美容師と会話をするのは苦手」と言う人は多いものです。ところが美容師の方は楽しい会話をお客さんに提供する事もサービスや仕事の一つ、捉えている人が多いようですね。お店でそういう指導をされる事も多いようです。そうやって美容師が努力をしているにもかかわらず、お客さんの方が「会話は苦手」とか「できれば黙っていてほしい」と思ってしまうのはどうしてなのでしょうか。もともとそのお客さんの性格として美容師に限らず身内や友人ではない人と会話をするのは苦手なのだ、と言う人もいます。そういう人にとっては美容師、というよりは会話自体が苦手なのでしょうから、仕方がありません。美容師の方も無理強いしないで雑誌などを提供して静かに過ごしてもらう方が良いですね。ですがそういう風に思っているのだ、と言う事が解っているお客さんに対しては、会話をしない、というサービスを提供する事ができますが、多くのお客さんは「苦手だ」「嫌だ」と思いながらも、それでも美容師が話しかけてくるのでしかたなく美容師の話に合わせて会話をしている、つまり美容師がお客さんの会話に付き合うのではなくて、お客さんが美容師の会話に付き合わざるを得ない、というちょっとこまった現状が起きている事もあるのではないでしょうか。美容室 三軒茶屋 ヘアサロン カラー トリートメント 当日予約 人気